The Songlines - 渋谷で働くCFOブログ

CFOという業務を通じて出会ったものを、風の向くまま、気の向くままに残していきます

育成プログラム、第二回目のテーマは 「どちらの社員に時間を割く?」

【テーマ】

自分がマネジメントを担当するチームに以下の2名が所属しています。

あなたはどちらのメンバーにコミュニケーションの時間を多く割きますか?

・特に不平不満をいうこともなく、仕事をきっちりこなすタイプのAさん

・不平不満を抱えがちで、モチベーションによってパフォーマンスが上下しやすいタイプのBさん

 

さて、みなさんであれば、どのように判断し、どのように時間を使いますか?

是非とも、考えてみてください!

 

 

【参考】

今回のテーマ、非常に難しいですね。なにせ人のマネジメントやコミュニケーションに模範解答は無いです。だからこそ、第一回目のテーマを取り上げたエントリーの内容をもう一度思い返してみてください。

■育成プログラム、第一回目のテーマは 「午前10時のコーヒー」

http://ogino.blog.mixi.co.jp/entry/2013/07/05/224650

 

影響範囲、一次データ、マインド というキーワードをお伝えしました。

今回も、影響範囲、一次データ、マインドというキーワードで考えてみてください。

 

影響範囲:

今回の件は、AさんとBさんという個人の問題でしょうか? それとも、組織の問題でしょうか? 僕には、両方の問題のように思えます。

 

一次データ:

模範解答が無いからこそ、出発点である課題の設定の段階で、一次データとして何を拠り所にするかが非常に重要です。 ミクシィでは人事制度の中に「人事ポリシー」が定められています。 ここまで立ち返って議論の出発点と出来ればよいですね。

ブログを読んでいるみなさまの会社では、どのような人事ポリシーを持っていますか? もし人事ポリシーがまだ無いという事であれば、是非とも組織が拡大する前につくってみてください。

 

マインド:

そもそも、今回はどうしてスタッフとのコミュニケーションを取る必要が出たんでしょうか? リアリティを持って立体的に考えてみてください。

スタッフの育成は短期の視点と中長期の視点が必要です。

 

ところで、短期と中長期の視点をバランスよく考えるフレームワークとしては、以下の本が役に立つかも知れません。

 

10-10-10 人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい!

10-10-10 人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい!

 

著者であるスージー・ウェルチは、ジャーナリストであり、4人の子供の母であり、経営の神様と呼ばれるジャック・ウェルチの妻でもある人物です。

そんな彼女が人生に迷ったとき、「決める力」が身につくフレームワークとして紹介しているのが「10-10-10」です。

□「10分後(今)はどうなっている?」
□「10ヶ月後(ちょっと先)は?」
□「10年後(未来)は?」

短期、中期、長期と、3つの視点で選択肢を見つめれば、人生という長いスパンで最も後悔のない選択ができると述べています。

 

人のマネジメントも長いスパンで行うもの。

3つの視点を大切にしたいですね。

 

SENA CASES for iPad mini

年初から使い始めたiPad mini。

仕事もスケジュール管理も読書も全てiPad miniという生活を続けること半年、もはや身体の一部のようになってきました。
 
こうなると、外出する時もIRに行く時も、名刺入れも財布も持たず、iPad miniだけを手に出掛けたい!となる訳ですが、先日、iPad miniを使いこなしている方からブログタイトルのケースを紹介いただき、迷わずポチッとしました。
 
Amazonは在庫切れだったので、USのサイトで購入して、FedExで空輸。
そして待つこと一週間、ようやく到着しました!
f:id:ogino394:20130709080118j:plain
 
 
バンドは言うまでもなくコーポレートカラー。
f:id:ogino394:20130709080132j:plain
 
 
内ポケットには、名刺やクレジットカード、pasmoなんかも入ります。
f:id:ogino394:20130709081835j:plain
 
 
立て掛けると、こんな感じ。
f:id:ogino394:20130709085943j:plain
 
 
iPad miniだけを持ち歩いて仕事をしたいと考えている方にオススメです!
 
 
 
 

育成プログラム、第一回目のテーマは 「午前10時のコーヒー」

今日は、以下のブログエントリーのプログラムの第一回目がありました。

 

■経営幹部候補の育成プログラム、スタート(6月28日)

http://ogino.blog.mixi.co.jp/entry/2013/06/28/000000

 

参加メンバーに与えたテーマは、以下の通りです。

 

【テーマ】午前10時のコーヒー

「午前10時にミクシィ社ではコーヒーメーカーの素材入れ替え作業が行われます。

その作業によって、出社後すぐにコーヒーが飲めないというクレームが社員から上がっています。

素材入れ替えの作業は業者との契約時に取り決められたものです。

このクレームに対し、あなたはどのような判断をし、どのように解決するか具体的な行動まで考えてください。」

 

さて、みなさんであれば、どのように判断し、どのように解決しますか?

是非とも、考えてみてください!

 

 

 

【参考】

問題解決のプロセスで、一般的なフレームワークは以下の通りかと思います。

 

1.課題の設定(何が問題なのか?/何を解決すべきか?)

2.解決策の立案(課題解決の前提条件/制約条件は何か?)

3.具体的な行動計画の作成

 

特に、「1.課題の設定」の段階で、影響範囲をしっかりと意識すること、および、事実関係の確認を「二次データ」ではなく「一次データ」で行うことを意識することで、その後の解決策の立案や行動計画の作成において、必要のない工数・分析を省いてくれます。

逆に、課題の設定に抜け漏れがあると、それだけ不要な工数や分析を増やしてしまいますし、課題の設定自体が誤っている場合は、もちろん解決策も行動計画もすべて水の泡となってしまいます。

 

ちなみに・・・

前回のエントリーにも書きましたが、上記フレームワークに当てはめて問題を解くだけでは、「クイズに答えている」のと同じです。

今回のテーマを、どのような意識(マインド)で取り組むか。

それによって、「1.課題の設定」も大きく変わってくると思います。

 

 

月例会~賞賛を通じた社内文化の醸成

ミクシィでは、毎月全社員が集まって「月例会」を開催しています。

 

f:id:ogino394:20121001002311j:plain

 
 
ちなみに月例会のコンセプトは、
 
「賞賛する」
 
です。
 
 
月例会のように全社員が集まる場を作り、それを一年、二年と運用すると、とかく「月例会を開催すること」が目的になってしまいがちです。
 
そこで、手段を目的化しないため、昨年の夏にユニット制やイノベーションセンターを導入したタイミングで、月例会の目的を「(成果を賞賛する)社内文化の醸成」とし、月例会のコンセプトを「賞賛する」としました。
 
それではなぜコンセプトを「賞賛する」にしたのか?
 
それは、昨年の夏に全社員向けに50項目におよぶアンケートを実施しましたが、アンケート結果の中で、「互いに感謝、賞賛しあう風土がある」という質問に対する回答が「5点満点中3点」という結果が出て、これに対する具体的な打ち手が必要と感じたからです。
 
そんなこんなで「賞賛する」のコンセプトのもとで始まった月例会ですが、具体的に何をやっているかというと、「傑出して努力をし、成果を出した部署やチーム」に、全社員の前でその努力と成果を発表してもらい、その発表内容を全社員で賞賛する、ということをやっています。
これをやることで、成果を出すまでの過程を全社員に共有することで、ノウハウの共有、そして何よりもマインドの共有をしてもらっているわけです。
発表する側にも「発表時間6分」という制限を設けて、時間内でプレゼンテーションをするスキルを磨いてもらっています。
 
そして月例会のコンセプトを「賞賛する」に変えてから約一年。
成果は大きく出ています!
 
春先に実施した全社員向けアンケートでは、「互いに感謝、賞賛しあう風土がある」という項目が、50項目中なんと第6位に!!
 
月例会の運営に携わっている人事部をはじめとしたスタッフのみなさま、本当にお疲れ様でした!
 
 
そして昨晩開催された月例会での発表案件は、
 
・2014年入社新卒採用の成果報告
・スマホエンジニア4倍計画の成果報告
・ノハナKPI達成報告
 
という3点で、どの報告もアウトスタンディングな成果を出していました。
 
短期間で成果や利益にこだわり抜いている仲間たちと仕事が出来る環境、この幸せな環境の中で、僕自身もより高みを目指していきたいと改めて感じる瞬間でした。
 
6月も一ヶ月間、本当にお疲れ様でした!
 
 
 
 
 
 

会社分割(簡易分割)による分社化

本日(7月1日)、株式会社ミクシィマーケティングを設立しました。

 

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1074015

 

新会社が一丸となって取り組もうとしている新たな挑戦を、僕自身も全力で支援していきたいと思います。

 

さて、今回のブログでは、ミクシィマーケティングを設立するにあたって採用した、「会社分割(簡易分割)」を進めるにあたって、どのような進め方をしたのかを実務の視点から書きたいと思います。

 

会社分割をするにあたって、まず最初にやることは「会社分割計画書」の作成です。

この分割計画書の中で、主に以下の点を定めます。

・新設会社の定款記載事項

・新設会社の設立時役員

・新設会社が承継する資産

・新設会社の資本金等

 

会社法上は、以上の4点が決定していれば事足りるので、Webサイトを検索するとだいたい上記の内容が出てくる(逆に、上記のような内容しか教えてくれない)わけですが、実務上は、以下の点も同時に検討をすすめ、分割計画書の前提として同時に承認することになります。

・新設会社の事業計画

・新設会社の事業計画を遂行するための組織体制(組織図)

 

上記が株主総会(弊社の場合は簡易分割だったので取締役会)にて承認されたあと、いよいよ実務周りの詳細を詰めていくことになります。

今回の会社分割にあたっては、5月15日に上記承認がなされ、7月1日付での新会社設立だったため、与えられた期間は1ヶ月半です。

 

デッドラインが明確なので、分割プロジェクトのキックオフではスコープを明確に示し、スケジュール(ガントチャート等)に落とし込み、各タスクを分科会に割り振って、それぞれの分科会毎に責任者を割り当て、全体スケジュールおよびタスクの進捗管理をする事が大切です。

 

ご参考までに、今回の会社分割にあたっては、以下の分科会を設けました。

・法務分科会(既存契約内容確認/契約書作成etc.)

・経理分科会(口座作成/入出金関連/経理システム関連etc.

・人事労務分科会(採用ポリシー/労務関連/人事システム関連etc.

・総務分科会(資産管理/社名変更対応(名刺等)etc.

・情報システム分科会(社内システム関連etc.

・コーポレートサイト分科会(新設会社のサイト構築etc.

・DMP分科会(新設会社のDMP事業に関わる事項etc.

 

今後、組織再編を考えている方のご参考になれば幸いです!

 

 

役員合宿 ~ 覚悟をすり合わせ、信頼をより強固に。

週末(土日)は、熱海の温泉宿で役員合宿をしてきました。

合宿の様子はというと・・・

 

 

↓こんな感じ。

 

f:id:ogino394:20130630170904j:plain

 

合宿に先立ち、役員同士で経営課題に関するアジェンダを出し合い、各アジェンダ毎の今後の方向感をディスカッションすることを目的に合宿を行いましたが、何よりも重視していたことは、ディスカッションを通じて役員間の「覚悟」「マインド」「意識レベル」をすり合わせ、「相互信頼」をより強固にすることです。

それこそが、日々膨大な意思決定を、各役員がそれぞれの管掌範囲で責任と権限をもって行っていくための土台になるからです。

 

5月中旬に、IVS 2013 Spring (http://www.infinityventures.com/ivs/event/)でのセッションに登壇したあと、会場の裏で「強い経営チームに必要なものは何か?」というインタビューを受けましたが、その際に朝倉、川崎、荻野の3名がそれぞれ回答した内容は以下の通りです。

 

朝倉

「会社を成長させるんだというその覚悟とマインドが完全に一致している、これに尽きるんじゃないかなぁという風に思っていて、僕達はそこに120%コミットしていく」

 

川崎

「強い経営チームに必要な事は「相互信頼」。一緒にビジョンを持って、それを一緒に作っていくんだという事を信頼して、信用していくという事が非常に重要なんじゃないかなと。例えいくらスキルが優れていても、根本の信頼がなければ、強さというのは生まれない」

 

荻野

「経営陣は、お互いの役割に重なりが無く、バリューが全く違う人たちで構成されるべきで、仲良しクラブであってはいけない。ただ、同じビジョンをもって、同じ意識レベルで語り合えなければ強い経営にはなりえない」

 

今回の合宿は、役員陣がまさに「覚悟」「マインド」「意識レベル」のすり合わせを行い、「相互信頼」をより強固に出来たひとときでした。

 

 

経営幹部候補の育成プログラム、スタート

今日から、経営幹部候補の育成プログラム(あえて、研修とは呼びません)が始まりました。将来の幹部候補の「決定力」を鍛えることが目標です。

 

本プログラムにおいて、戦略の立て方や意思決定のプロセス、それらの思考をロジカルに進めるためのフレームワークなど、多くのテクニックやツールを学ぶことになります。

 「理論なき実践は無謀である。」 (ピーター・ ドラッカー)という有名な言葉のとおり、是非とも理論を身につけて、大いに役立ててもらいたいと思います。

 

ただ、本プログラムを通じて僕自身が参加者に最も伝えたいと思っていることは、テクニックやツールではなく、「マインド」です。

 

本日のキックオフでは、経営幹部を目指すのであれば、我々の会社が足もとで年間100億円のコストを使っており、1ヶ月換算だと約9億円、一日換算だと約3000万円のコストで事業を運営していることを念頭に入れて受講してほしいと伝えました。

要するに、朝起きて、オフィスに出社して、夜オフィスを退社して、帰宅するまでの間に、家が一軒建ってしまうような金額が毎日消えているわけです。

意思決定が1日遅れれば、すなわち3000万円を無駄にする。このような意識(マインド)を常に持ちながら、その緊張感のなかでもスピード感をもって意思決定出来るよう、しっかりとテクニックやツールを身につけてもらいたいと思います。

 

ちなみに、僕が「決定力」というキーワードで最も好きな本は、元チェスの世界王者であるガルリ・カスパロフが書いた「決定力を鍛える」という本です。

決定力を鍛える―チェス世界王者に学ぶ生き方の秘訣

決定力を鍛える―チェス世界王者に学ぶ生き方の秘訣

 

1秒間に2億手を先読みするIBMのスーパーコンピューター、「ディープブルー」に勝利をしたカスパロフが最も大切にしていたのは、何よりも「マインド」で、以下のように述べています。

 

 

「自分の志に限界を設ければ、成果にも限界が設けられる。」

 

 

是非とも、志に限界を設けることなく、頑張ってください!